コーポラティブハウスを扱う代表会社3社

コーポラティブハウスを専門に扱う代表的な3社についてまとめました。創業からの累計実績デザイン賞受賞歴で比較しています。コーポラティブハウスに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

株式会社コプラス アーキネット タウン・
クリエイション
公式HP 建築事例を見る 建築事例を見る 建築事例を見る
累計
実績
1,197戸/81 830戸/106 戸数不明/21
デザイン賞
受賞歴
グッドデザイン賞
5回
グッドデザイン賞
4回
なし
会員登録
特典
「世界に一つだけの住まいづくり」のヒントが詰まったコーポラハウスガイドブックが無料でもらえる コーポラティブハウスガイドブックをもらう 会員限定のプロジェクト詳細が見放題 施工実績を見てみる 住まいづくり、土地活用、コーポラティブハウス、などその他諸々の質問にプロがお答え 施工情報について相談してみる
株式会社コプラス
コプラス公式HP
公式HPで建築事例を見る
累計実績 1,197戸/81
デザイン賞受賞 グッドデザイン賞
5回
会員登録特典 「世界に一つだけの住まいづくり」のヒントが詰まったコーポラハウスガイドブックが無料でもらえる コーポラティブハウスガイドブックをもらう
アーキネット
アーキネット公式HP
公式HPで建築事例を見る
累計実績 830戸/106
デザイン賞受賞 グッドデザイン賞
4回
会員登録特典 会員限定のプロジェクト詳細が見放題 施工実績を見てみる
タウン・クリエイション
タウン・クリエイション公式HP
公式HPで建築事例を見る
累計実績 戸数不明/21
デザイン賞受賞 なし
会員登録特典 住まいづくり、土地活用、コーポラティブハウス、などその他諸々の質問にプロがお答え 施工情報について相談してみる

コーポラティブハウスを扱っている代表企業3社の中でもダントツの実績を持つコプラス。グッドデザイン賞を幾度も受賞しておりデザイン性の高さも折り紙付き。

棟数においてコプラスを超える実績を持つアーキネットもグッドデザイン賞を複数回に渡って受賞しています。

タウン・クリエイションは実績こそ他の2社に及ばないものの、コーポラティブハウスの業界では長い社歴があり、注目されている企業です。

※コプラスは、コーポラティブハウスの仕組みを一般化した旧都市デザインシステムのコーポラティブハウス事業を引き継ぐ形で設立された会社。上記で挙げている実績数は、旧都市デザインシステムの時代からの累計となっております。

コーポラティブハウスを扱う
会社の選び方

コーポラティブハウスを扱う会社の選び方

累計実績を見る

累計実績が多いということは、それだけ多くの人・家族に選ばれてきたということ。そして、さまざまな建築物に携わってきたということ。つまり、それだけの実力があるということ。

コーポラティブハウスのコーディネート会社は、まだ歴史が浅い会社も多く、ハウスメーカーや工務店のような「老舗」がありません。だからこそ、累計実績はその会社の信頼性を確かめるうえで、非常に重要な要素となるのです。

受賞歴を見る

コーポラティブハウスはそこに住まう方々の暮らしや個性に寄り添った設計がなされるため、一戸建てやマンションとは異なり、独自性やデザイン性の高い建築物が多いもの。したがって、デザイン賞を受賞する会社もそれだけ多くなります。

一生に一度のお買い物だからこそ、デザインも一級品でありたい。そんな想いやこだわりを叶えるためには、客観的に見比べられるデザイン受賞歴は必見です。

施工事例を見る

受賞歴はもちろんのこと、その会社がどんな家づくりを行っているかを判断するには、実際の施工事例を見るまでわからないもの。デザイン性だけでなく、生活動線や収納などの機能的な側面や使用されている建材など、ディテールのこだわりも見逃せません。

またホームページやパンフレットには、施主の声も掲載されていることがあります。施主がどんな思いでその家を建てたのか、そこに会社はどのような貢献をしたのか…。事例の背景にある人間模様も見ることができれば、よりご自身の家づくりのイメージもできるようになるのではないでしょうか。

コーポラティブハウスを扱う
おすすめの会社の5選

コプラス

コプラス公式HP
引用元:コプラス公式HP(https://www.co-plus.co.jp/)

コプラスの公式HPで
施工事例写真を見る

コプラスのコーポラティブハウスの特徴

グッドデザイン賞を最多受賞×圧倒的な実績数

過去グッドデザイン賞6回受賞の実績を持つコプラス。グッドデザイン賞は、デザイン性はもちろん、安全への配慮や新しい技術・素材の利用、社会・文化的な価値の創造など、「企画」そのもののデザインを評価するもの。入居希望者の声を最大限取り入れつつ、「企画力」を生かした住まいを提案してくれます。

「10人の人がいれば10通りの体型があるように、10のご家族がいれば10の暮らし方がある」という考えのもと、それぞれのライフスタイルや求めている暮らしに合った自由設計を提供。

実績は1,100戸以上とコーポラティブハウスを扱う企業の中でも圧倒的な実績をあげています。

人生に誇れる場所に住まうために…年間300以上の土地を視察

コプラスでは、永住性の高さと人生に誇れる場所という観点から、年間300以上の土地を視察。高い利便性と閑静な住環境の両方が叶う立地で計画を進めています。

コプラスの企画に多い土地は、最寄り駅から徒歩5~12,3分程度の、元々200坪の邸宅が建っていたような場所。そこに暮らす人にとって、とても恵まれた環境であることがわかります。

都内のこのような土地を購入するには、かなりの予算が必要になります。その点、コーポラティブハウスという住まいのあり方であれば、その強みを最大限活かすことができるのです。

「あったらいいな」をカタチにする住まいをコーディネート

コプラスでは住まいの主役は住宅ではなく、そこに住む「人」だと考え、住まいや暮らしに対する「あったらいいな」をカタチにすることを重視しています。

既存の間取りやデザインでは物足りなくなった方に向けて、住まいや空間づくりを自由に楽しめるオーダーメイド設計で豊かなライフスタイルの提供に力を入れているのも特徴。説明会から完成までコーディネートしてもらえるので、はじめてのマイホームづくりでも安心して取り組むことができます。

そのほかにも人と人のつながりが住まいの付加価値になるような空間づくりにこだわっているのも、住む人を主役だと考えているコプラスのコーポラティブハウスならではの魅力です。

コプラスの公式HPで
募集中のプロジェクトを見る

コプラスの「建築」へのこだわり

自由設計とは、オーダーメイド服のようなもの

コプラスが考える家づくりは、オーダーメイドの服づくりのようなもの。人それぞれ固有の体型があるように、暮らし方も千差万別。だからこそ、その人、その家庭にジャストフィットする色や素材、型、間取りを考え、住み心地の良い家づくりを行うそう。

とはいえ、最初から具体的な家のイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか。そこでコプラスでは、好きな映画のワンシーンや旅先で印象に残ったホテルの一室などの話の断片から、潜在的に求めている「暮らし」「住まい」を設計してくれます。

コプラスの口コミ・評判

コプラスのコーディネーターさんは、コーポラティブハウスの良いところも悪いところもすべて正直に伝えてくれたので安心できました。しかも、自由設計と予算と納期の3つすべてを約束しますと断言してくれ、とても信頼感を持てました。

設計士と相談しながら「育児のしやすい家づくり」でアイディアを固めていき、最終的に理想通りの住まいが完成したので大満足です。

コプラスの施工事例

広々としたシックな空間

OGGI_内装
引用元:コプラス公式HP(https://cooperativehouse.jp/owners/10447/)

入居者の希望は広々としたリビングダイニングとキッチン。完成したリビングダイニングキッチンはワンルームのように広けた空間になりました。部屋を区切らない工夫は、お子さんの行動をよく見渡せるためだそうです。

今はワンルームのように使用していますが、将来は子供部屋にできるように引き戸を備えています。理想的で末永く住める住宅になっています。

イメージ通りのバスルーム

OGGI_バスルーム
引用元:コプラス公式HP(https://cooperativehouse.jp/owners/10447/)

バスルームは入居者の強い希望で、ホテルをイメージしたデザインに。白を基調とした清楚で上品な印象のバスルームになりました。ガラスを多用することで、明るく開放的なレイアウトになっています。我が家に理想のお風呂があるなんて、とても魅力的ですね。

コプラスの公式HPで事例をもっと見る

コプラスの会社情報

社名 株式会社コプラス / COPLUS CO.,LTD.
所在地 東京都渋谷区南平台町16-29 グリーン南平台ビル5F
所在地 東京都渋谷区南平台町16-29 グリーン南平台ビル5F
設立年 2002年
累計実績 81棟/1,197戸
受賞歴 2017年度グッドデザイン賞
2016年度グッドデザイン賞
2013年度グッドデザイン賞
2009年度グッドデザイン賞
2008年度グッドデザイン賞
問い合わせ先 03-5784-4126
受付時間 10:00~19:00

アーキネット

アーキネット_キャプチャ
引用元:アーキネット公式HP(http://www.archinet.co.jp/)

アーキネットの公式HPで
施工事例写真を見る

アーキネットのコーポラティブハウスの特徴

建築家と一緒に行う住まいづくり

アーキネットの家づくりの特徴は、建築家と行う住まいづくり。プロジェクトによって建築家が異なリますが、希望の立地で自分好みの建築家担当のプロジェクトが企画され、「理想の我が家」を形に落としていきます。ホームページのプロジェクト紹介ページに建築家情報のほか、立地・募集戸数が掲載されているので、欠かさずチェックしましょう。また会員登録を行えば、プロジェクトに関する詳しい情報を得られますよ。

グッドデザイン賞を受賞

グッドデザイン賞とは1957年に開始された賞で、人が何らかの理想や目的を果たすために築かれた物のデザイン性を評価・顕彰するもの。アーキネットは過去4度受賞しています。受賞した住宅は、過密な都市環境の中でも、植栽や簾などを用いることで緑を感じられるデザイン。また、住民それぞれのライフスタイルに合わせた自由な間取りが実現可能という点も評価されていました。

個々に合わせたプロデュース

コーポラティブハウスの内部は個別設計です。アーキネットでは、個々に建築家と「どんな暮らしがしたいか」を伝え、それを叶えるための具体的な提案が出されます。また、デザイン性や住居プランをネットで確認してからプロジェクトに参加する方式のため、デザイン性などを一から説明する手間が省けます。

アーキネットの公式HPで
募集中のプロジェクトを見る

アーキネットの「建築」へのこだわり

敷地の特性を活かした「居心地の良い空間づくり」

創業以来、建築家と共に居心地の良さを追求する住まいづくりとネットオーダー方式で入居希望者を募集する方針にこだわるアーキネット。万人向けの画一的なデザインではなく、入居者1人ひとりの希望を叶える住まいづくりをサポートしています。変形敷地や高低差など敬遠されやすい土地の特性に価値を与える住まいづくりは、空間創造のプロである建築家が手掛けるアーキネットのコーポラティブハウスならではの魅力です。

アーキネットの口コミ評判

自分たちは素人なので、設計を担当してくれた建築家が良いと考えたものを良いと考え、ご提案いただいた通りに設計してもらいました。キッチンはL字型にしてもらい、多少の狭さは気になりますが、機能性が高く便利なので文句はなし。限られた空間に4人の家族が暮らすことになるためプランの選択肢は多くありませんでしたが、建築家のアドバイスを参考にしながら落ち着いたシンプルな間取りに決めました。

アーキネットの施工事例

清々しい緑ヶ丘に堂々とした建築物

アーキネット_緑ヶ丘コートハウス_外観
引用元:アーキネット公式HP(http://www.archinet.co.jp/g/20021231/)

都心でありながら、自然を感じられる土地に建てられたコーポラティブハウス。コンクリート打ちっぱなしの壁が周囲の緑と対比しながらも共存しあっている外観となっています。夜は各部屋の光がアクセントになり昼とは違うシックな一面が。

自分だけのバスルーム

アーキネット_緑ヶ丘コートハウス_バスルーム
引用元:アーキネット公式HP(http://www.archinet.co.jp/g/20021231/)

バスルームはガラス張りで寝室のすぐそばに設計。風呂上りにすぐ寝るという入居者のライフスタイルにあったレイアウトになりました。「寝ている姿は見られたくないけど、朝日は浴びれるように」との要望には窓を小さく設置することで対応しています。

アーキネットの公式HPで
事例をもっと見る

アーキネットの会社情報

社名 株式会社 アーキネット
所在地 東京都渋谷区鉢山町13-4 ヒルサイドウエストB棟2F
設立年 1995年
累計施工実績 106棟/830戸
受賞歴 2017年度グッドデザイン賞
2014年度グッドデザイン賞
2012年度グッドデザイン賞
2011年度グッドデザイン賞
問い合わせ先 03-5458-2430
受付時間 10:00~17:00

タウン・クリエイション

タウン・クリエイション_キャプチャ
引用元:タウン・クリエイション公式HP(http://www.towncreation.co.jp/)

タウン・クリエイションの公式HPで
施工事例写真を見る

タウン・クリエイションのコーポラティブハウスの特徴

豊富な経験をもとに住まいを活用

タウン・クリエイションは、不動産開発・不動産取引・資産活用のコンサルティングを行う会社で、再開発プランナーや土地活用プランナーなど様々な有資格者が在籍しています。今までのコーディネート経験を活かして、コーポラティブハウスのコーディネートを業務・コンサルティングを行っています。

テレビドラマの脚本監修を担当

タウン・クリエイションは、数々のコーポラティブハウスを設計した会社として、コーポラティブハウスを舞台としたフジテレビドラマ「隣の家族は青く見える」の脚本監修を行いました。ドラマの中で、コーポラティブハウスの認知度を向上させるのに一役買った企業ですね。

募集情報をいち早く入手できる「こーぽらりぶ」会員制度

「こーぽらりぶ」会員に登録をすると、タウン・クリエイションのコーポラティブハウスに関する募集情報や、自由設計を行ううえで役立つ設備やインテリア、建材などの情報を得られます。また会員特典として、竣工物件の見学会や住宅ローン・資金計画に関する無料相談などがあるため、住まいづくりのイメージがしやすくなります。

タウン・クリエイションの公式HPで
募集中のプロジェクトを見る

タウン・クリエイションの「建築」へのこだわり

ライフスタイルや個性に合った「住み心地の良さ」を追求

タウン・クリエイションではデザインの良さだけが自由設計の魅力ではないと考えており、住み手のライフスタイルや個性に合った「住み心地の良さ」にこだわっています。経験豊富な設計者が空間設計や素材、使い勝手など、住み手にとって暮らしやすい住まいづくりを企画・コーディネート。細部にまで住み手のこだわりが行き届いたコーポラティブハウスづくりをサポートしています。

タウン・クリエイションの口コミ評判

コーポラティブハウスの説明会で石川さんの話を聞いて、直感的にこの人から家を買うと思いました。もちろん契約を結ぶまでに本当に信頼できる会社かどうかは調べましたが、最後まで自分の直感は信じていましたね。完成までとても時間がかかり、その間行き違いにイライラすることも多かったのですが、その度に言いたいことを言い、それでもやさしく受け止め続けてくださったことには本当に感謝しています。

タウン・クリエイションの施工事例

シャープでお洒落な建築物

タウン・クリエイション_CH成城学園前_外観
引用元:タウン・クリエイション公式HP(http://coop-house.com/wp/information/コーポラティブハウス成城学園前 完成販売スタ.html)

都心の中でもお洒落さを放つ、勾配をもったコーポラティブハウス。コンクリート打ち放しで、シャープかつシンプルな外観になっています。夜には住宅のあちこちに設置されたランプが灯されるため、より一層お洒落な雰囲気に。小田急線の車両がそうこうするシーンを見ることもできるため、電車好きにはたまらないロケーションです。

太陽の光が差し込む寝室

タウン・クリエイション_CH成城学園前_部屋
引用元:タウン・クリエイション公式HP(http://coop-house.com/wp/information/コーポラティブハウス成城学園前 完成販売スタ.html)

眺めが良く、解放感あふれる寝室です。朝の陽ざしを受けられるため、気持ちの良い朝を迎えられそうですね。広々とした空間なので、ワークルームにしても有効に使えるかもしれません。完成した後でも自分の個性を出せそうな寝室になっています。

タウン・クリエイションの公式HPで
事例をもっと見る

タウン・クリエイションの会社情報

社名 株式会社タウン・クリエイション
所在地 東京都渋谷区神宮前2-4-18 リッツ外苑1F
設立年 2000年
累計施工実績 戸数不明/21
受賞歴 なし
問い合わせ 03-5775-7341
受付時間 10:00~20:00

ゼロワンオフィス

ゼロワンオフィス_キャプチャ
引用元:ゼロワンオフィス公式HP(http://www.01-office.co.jp/)

ゼロワンオフィスのコーポラティブハウスの特徴

建売で満足できない施主のための家創り

「家を買う=建売や分譲を買う」が一般的な認識の中、ゼロワンオフィスが大事にしているのは「家は創るもの」という考え。入居者の個性を重視した住まいの実現を目指して、各住戸ごとの設計士と施主同士が対面して定期的な打ち合わせを行い、イメージ通りになるよう家づくりの計画を作成。家族構成や間取り、インテリアの好みや雰囲気など多様なニーズに合わせて一つひとつ丁寧に家づくりをしてくれる会社です。

地下室の設計経験豊富で快適な生活を実現

ゼロワンオフィスは、これまでに手掛けたコーポラティブハウスのほとんどが地下室あり。初めて手掛けたコーポラティブハウスでも地下室を設計しており、地下を利用した家づくりを重視しています。豊富な施工経験があるため、地下室のメリット・デメリットを理解した居住設計が得意なのが特徴。住宅の高さ制限があるエリアや地価の高い都市部住宅でもゆとりのある住まいを提供できる工夫を心がけています。

独創的なデザインながら街並みに溶け込むよう施工

個性を大切にした家づくりを行っているゼロワンオフィス。施工では多様に広がる入居者たちの個性やニーズと、土地の持ち味をコラボさせた家を実現しているのが特徴です。自然豊かな地域の場合、伐採を控えてインテリアとして映えるようなレイアウトを提案。高いデザイン性を持ちつつも、街並みから浮かない心遣いを忘れません。その優れたデザインは「現代日本の建築家/優秀建築選」の受賞で示されています。

ゼロワンオフィスの施工事例

太陽光と住まいをリンクさせたコーポラティブハウス

ゼロワンオフィス_N's Bau_外観
引用元:ゼロワンオフィス公式HP(http://www.01-office.co.jp/works/works_coop/coop_nsbau.html)

集合住宅のスタイルと、それぞれの住まいが戸建て住宅のような自由さで共存しているコーポラティブハウス。住宅の南側には中庭を設置し、日当たりのよいコミュニケーションスペースに仕上げています。快適に住めるだけでなく、入居者の交流まで考えられた設計が特徴のコーポラティブハウスです。

立体感と奥行きのある家

ゼロワンオフィス_treo_外観
引用元:ゼロワンオフィス公式HP(http://www.01-office.co.jp/works/works_coop/coop_treo.html)

建物を形作るパーツの重なりや狭間を活かして建てられたコーポラティブハウスです。建物の周囲にはコンクリートハツリ仕上げの壁と杉板ルーバーがあり、建物との重なりで奥行きを感じさせるよう設計。各住戸ごとに植物やツリーを植えており、四季の変化を楽しめるのも魅力です。

ゼロワンオフィスの公式HPで事例をもっと見る

ゼロワンオフィスの会社情報

社名 株式会社ゼロワンオフィス一級建築士事務所
所在地 東京都目黒区自由が丘 2-16-9 J-Alley-B
設立年 1989年
累計施工実績 15棟/122戸
受賞歴 商環境デザイン賞入選
フラッシュ 第2回「あたたかな住空間デザインコンペ」.東京ガス賞
「現代日本の建築家/優秀建築選2005」集合住宅部門
「現代日本の建築家/優秀建築選2007」集合住宅部門
「現代日本の建築家/優秀建築選2012」集合住宅部門
電話番号 03-5731-2644
受付時間 10:00〜19:00

ハイアーグラウンド

ハイアーグラウンド_キャプチャ
引用元:ハイアーグラウンド公式HP(http://www.higherground.co.jp)

ハイアーグラウンドのコーポラティブハウスの特徴

リーズナブルな価格でおしゃれな家を見つけられる

仲介手数料の値引きを積極的に行う不動産会社・ハイアーグラウンド。取り扱っているコーポラティブハウスの物件はすべて手数料無料や30%OFFなどのお得な物件ばかり(2018年11月時点)。しかも三宿や目黒のおしゃれな物件が掲載されています。手数料無料のリノベーション物件のみを掲載している『ゼロレボ』というサイトも立ち上げているので、余分な費用をかけずに物件を手に入れたい方は必見です。

代表がサラリーマン時代に培った「お客様目線」

ハイアーグラウンドの代表・鈴木氏は、もともと不動産投資の経験を持つ一般的なサラリーマンだったそう。200名以上の不動産業者の営業担当者と接した中で、「お客さんに親身に寄り添い、本当にニーズを満たすものを提供する人」こそ信頼できるのだと確信。ハイアーグランド設立後は、仲介手数料の割引や内覧代行など、お客さんが本当に良い家を低負担で探せるよう充実したサービスを実施しています。

お仕事帰りや早朝の内見を実施!さらに内見代行も…

忙しい方のために、仕事帰りの夜や出勤前の朝に行う内見を実施。昼間の雰囲気ではわからない静けさや治安、夜景などを確認できます。また時間や場所などの理由で、どうしても直接内覧できない方のために、スタッフがビデオやカメラを持参して、物件の様子を細かくレポートしてくれる「内見代行」も実施しています。写真やデータだけではわからない物件の雰囲気や、間取りの使いやすさといったリアルな情報を知ることができます。

ハイアーグラウンドが紹介しているコーポラティブハウスの事例

ぬくもりを感じられる、洗練されたデザインの家

Unite_外観
引用元:ハイアーグラウンド公式HP(http://www.higherground.co.jp/?p=21010)

三軒茶屋駅から徒歩圏内にあるコーポラティブハウスです。スタイリッシュな外観が目を惹きます。室内はコンクリート打ちっ放しとシンプルですが、吹き抜けを設置することで採光性や開放感を確保。洗練された空間ながらも自然のぬくもりを感じられる家です。

※2018年11月時点で、すでに成約済みとなっています。

ホワイト×グレーの色合いがクールなコーポラティブハウス

alt="SOLA_内装"/
引用元:ハイアーグラウンド公式HP(http://www.higherground.co.jp)

春には桜並木が楽しめる「護国寺駅」から徒歩10分圏内のコーポラティブハウスです。窓枠や階段の手すりなどにヴィンテージ加工されたアイアン素材は、木材を基調とした部屋のアクセントとなっています。リビングの横には中庭を設置。大きな窓からは太陽の光が差し込み、部屋を明るくしてくれます。

※2018年11月時点で、すでに成約済みとなっています。

ハイアーグラウンドの公式HPで事例をもっと見る

ハイアーグラウンドの会社情報

社名 株式会社ハイアーグラウンド
所在地 渋谷区恵比寿4-17-3 8F

設立年 2007年
電話番号 03-6459-3047
受付時間 10:00~20:00

コーポラティブハウスを建てる
2つのプロセス

コーポラティブハウスを建てる2つのプロセス

1.入居者たちが組合を結成し事業主となる「住民主導型」

1978年3月に建設省(現国土交通省)住宅局コーポラティブ方式研究委員会によって、コーポラティブハウスとは「自ら居住するための住宅を建築しようとするものが、組合を結成し、共同して事業計画を定め、土地の取得、建物の設計、工事発注その他の業務を行い、住宅を取得し、管理していく方式」と定められています。

つまり、入居者が結成した組合が直接事業主となり、マンションを建てるさまざまなプロセスをすべて自分たちで行い、作り上げることを言います。しかし実際には、建築や不動産の専門知識を持たない一般の入居者たちだけではこれらのプロセスを行うのは非常に困難なもの。そのため一部の専門知識を持つ入居者同士の間でしか、コーポラティブハウスは広がりませんでした。

2. 会社がコーディネートを請け負う「企画者主導型」

住民主導型に対するスキームを企画者主導型と呼びます。このページで紹介している会社は、すべて企画者主導型でコーポラティブハウスづくりのプロセスをコーディネートしてくれる会社です。土地の選定や建物の設計、工事発注のほか、基本的なプランや募集価格、スケジュールなどの用意など、入居者同士だけでは難しいさまざまなプロセスを専門的な知識を持つプロが代行してくれます。

コーポラティブハウスづくりを会社に
依頼する
メリット・デメリット

コーポラティブハウスづくりを会社に依頼するメリット・デメリット

メリット:専門知識を持つプロが、専門知識を要する手続きを代行してくれる

土地の取得や建物の設計、工事業者の選定・発注、各種契約の手続きなど、専門知識・経験が必要となるコーポラティブハウスづくりのプロセスを、専門知識・経験を持つプロがコーディネートを行ってくれるのが最大のメリット。またすべての不動産会社や工事業者がそうとは言いませんが、専門性の低い一般の入居者よりも、専門性の高い(&付き合いのある)会社の依頼に注力するのは容易に想定できます。土地選定や工事業者選び、または契約関連で失敗しないためにも、プロに任せることが賢い選択でしょう。

デメリット:当然、コーディネート料が加算される

当たり前ですが、企業がコーディネートというサービスを提供しているわけなので、その分の料金は発生します。そういう意味では、入居者同士ですべてのプロセスを行えば削減できたコストも、会社に依頼することで削減できないことになります。が、自分たちだけで行う労力や時間を考えると、削減できるコストは果たしてそれだけの価値があるのでしょうか。

また会社が代行してくれるとはいえ、コーポラティブハウスづくりのスキーム上、入居者が直接事業主という立場に変わりはありませんので、土地取得や工事発注と同様、コーディネート料も可視化され、価格面においても透明性のある家づくりができます。つまり、家づくりの一つひとつの工程に納得しながら合理的に進められるという意味では、企画者主導型も住民主導型もそこは変わらない点とも言えます。

コーポラティブハウスを扱う会社の2つのタイプ

コーポラティブハウスを扱う会社の2つのタイプ

コーポラティブハウスづくりを手掛ける会社には大きく分けて2つのタイプがあります。プロデュース型とコーディネート型です。どちらが優れているということはなく、それぞれ長所・短所があります。以下にまとめましたので、会社選びのご参考にどうぞ。

プロデュース型のコーポラティブハウス会社

基本的に企画・募集を中心に行い、入居者が集まった後は建築家に任せるスタイルの会社です。建築家のカラーが強く出るため、どんな建築家好みのデザインを手掛ける建築家が担当する企画は常にチェックしておきたいポイント。建築家との相性が良ければ理想のマイホームが手に入りますが、こちらの要望には制限がかかるデメリットがあります。

<こんな人にオススメ>

コーディネート型のコーポラティブハウス会社

土地の選定から設計、工事業者の発注など、さまざまなプロセスをコーディネートしてくれることに加え、常に入居者の要望を聞き入れながら家づくりを進めてくれるスタイルの会社です。プロデュース型が良くも悪くも「建築家に丸投げ」できるのに対し、コーディネート型は「手間暇がかかる」というのを難点に感じる人もいます。

<こんな人にオススメ>

コーポラティブハウスを扱う
おすすめの会社5選を見る