東京都内で家を持つ。マイホーム総研

東京都内でマイホームを持ちたい。でも、希望の土地・理想の間取りでは予算が間に合わない…。そんなあなたが必ず迷う戸建て・マンション・コーポラティブハウスの選択肢3つを比較!住まい選びのご参考に、どうぞ。

東京都内で家を持つ。マイホーム総研 » 東京都内の費用相場|注文住宅の予算ガイド » 世田谷区の費用相場|注文住宅の予算ガイド

世田谷区の費用相場|注文住宅の予算ガイド

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

世田谷区は東京の西南端に位置し、東京23区の中でもトップクラスの面積と人口を誇る区です。主要幹線道路である通称「環七」「環八」などが通り、代表的な住宅地域として知られています。さらに東京23区唯一の自然渓谷があり、歴史的人物のゆかりの地でもあることから自然・文化の息づく街としての人気も。ここでは世田谷区における注文住宅の費用相場や通勤時間、住みやすさについてまとめました。

世田谷区の注文住宅費用相場

以下、世田谷区の土地価格例を掲載しています。注文住宅を建てる場合は建物の本体価格や諸費用がプラスされますので、ご注意ください。

坪単価 20坪 35坪 50坪
246.1万円 4,922万円 8,613万円 1億2,305万円

建物の本体価格や諸費用をあわせて3,000万円程度と仮定すると、20坪(約66平米)の広さで8,000万円程度。建物の面積や階数にはよりますが、家族で暮らすには少々手狭に。1~1.5億程度の予算であれば、もう少しゆとりある住宅を建てることができるでしょう。

世田谷区と郊外の
注文住宅費用相場を比較

以下、各エリアの土地価格例を掲載しています。注文住宅を建てる場合は建物の本体価格や諸費用がプラスされますので、ご注意ください。

20坪 35坪 50坪
世田谷区 4,922万円 8,613万円 1億2,305万円
八王子 1,020万円 1,785万円 2,550万円
大宮 3,808万円 6,665万円 9,521万円
浦和 2,615万円 4,576万円 6,537万円
海老名 1,104万円 1,932万円 2,760万円
船橋 1,227万円 2,148万円 3,069万円
1,018万円 1,782万円 2,546万円

世田谷区と東京郊外の地価相場を比べると、最大で約5倍もの差が出る結果に。東京郊外は通勤や外出に不便なことから、地価が抑えられていると考えられます。間取りやデザインを重視したい場合は地価の安い郊外エリアへ、利便性や立地などを重視したい場合は世田谷区でマンションやコーポラティブハウス(※)、といった選択肢を考えてみるといいかもしれません。

東京都内でマイホーム!
三家族の住まい選び物語を見る

※コーポラティブハウスとは?

コーポラティブハウスとは入居を希望する人たちが事業者となって自由にデザインができるマンションのことです。同じ入居者とコミュニティをつくりデザインを設計できるので、入居前のご近所付き合いができて安心。

8,000万円の予算で
世田谷区に家を持つ場合の
坪数(平米数)と間取り

閑静な住宅街が多いことから芸能人も多く住まうエリア・世田谷区。この街で8,000万の予算を用意した場合、どんな家が建てられるのでしょうか?以下の表に、注文住宅・マンション・コーポラティブハウスの3つの坪数・間取りを掲載しました。

※注文住宅は上物価格を3,000万円、土地代5,000万円で計算しています。

住宅の種類 注文住宅
注文住宅のイメージ
マンション
マンションのイメージ
コーポラティブ
ハウス

コーポラティブハウスのイメージ
坪数(平米数) 15.9坪(52.6m2) 23.1坪(76.3m2) 31.2坪(103.2m2)
間取り 1LDK~2DK 2LDK~4LDK 5DK~
詳細ページへ 注文住宅
について詳しく
マンション
について詳しく
コーポラティブハウス
について詳しく
注文住宅
注文住宅のイメージ
坪数(平米数)
15.9坪(52.6m2)
間取り
1LDK~2DK

注文住宅のメリット・デメリット
を詳しく見る

マンション
マンションのイメージ
坪数(平米数)
23.1坪(76.3m2)
間取り
2LDK~4LDK

マンションのメリット・デメリット
を詳しく見る

コーポラティブハウス
コーポラティブハウスのイメージ
坪数(平米数)
31.2坪(103.2m2)
間取り
5DK~

コーポラティブハウスの
メリット・デメリットを詳しく見る

お洒落タウンとして人気の世田谷区で家を建てる場合、予算8,000万円(上物3,000万円・土地5,000万円)だと坪数は15.9坪。間取りにすると1LDK~2DK程度になります。広々とした一軒家を希望するなら、1~2億円程度の予算が必要に。あるいは郊外エリアも選択肢に入れておくと良いかもしれません。マンションは、家族で暮らすには十分な広さなので、駅の近さが選ぶポイントになるでしょう。コーポラティブハウスは入居希望者でお金を出し合ってマイホームを建てるため、注文住宅よりもお金をかけずに広さのある家を建てられます。

世田谷区の駅別土地価格

以下、各駅の土地価格例を掲載しています。注文住宅を建てる場合は建物の本体価格や諸費用がプラスされますので、ご注意ください。

駅名 坪単価 平米単価 駅名 坪単価 平米単価
二子玉川 249万円 75万円 下北沢 310万円 94万円
三軒茶屋 299万円 90万円 成城学園前 210万円 63万円
経堂 199万円 60万円 用賀 197万円 59万円
駒沢大学 209万円 63万円 千歳烏山 172万円 52万円
池尻大橋 297万円 89万円 桜新町 223万円 67万円
明大前 210万円 63万円 千歳船橋 174万円 52万円
下高井戸 182万円 55万円 等々力 227万円 68万円
桜上水 175万円 53万円 喜多見 111万円 33万円
尾山台 241万円 72万円 上野毛 204万円 61万円
豪徳寺 217万円 65万円 世田谷 184万円 55万円
松陰神社前 198万円 60万円 芦花公園 153万円 46万円
代田橋 184万円 55万円 上北沢 181万円 54万円
九品仏 225万円 68万円 新代田 197万円 59万円
上町 183万円 55万円 世田谷代田 209万円 63万円
池ノ上 221万円 67万円 東松原 193万円 58万円
若林 184万円 55万円 東北沢 290万円 87万円
宮の坂 185万円 56万円 祖師ヶ谷大蔵 162万円 49万円
梅ヶ丘 207万円 62万円 山下 217万円 65万円
松原 196万円 59万円 西太子堂 299万円 90万円

世田谷区内のエリアで最も高いところは下北沢駅で、次いで三軒茶屋駅・西太子堂駅、池尻大橋駅となっています。三軒茶屋駅や池尻大橋駅は乗り換えでJR山手線・渋谷駅にアクセスできることと、下北沢駅は小田急小田原線・京王井の頭線が通ることから交通の利便性が高く、競争率の高いエリアです。

世田谷区の通勤時間

世田谷駅から
東京 43分 新橋 38分
品川 38分 有楽町 39分
新宿 26分 赤坂 31分
渋谷 20分 虎ノ門 36分
池袋 41分 六本木 35分
恵比寿 28分 お台場 60分
三軒茶屋駅から
東京 26分 新橋 22分
品川 22分 有楽町 24分
新宿 16分 赤坂 16分
渋谷 5分 虎ノ門 20分
池袋 25分 六本木 15分
恵比寿 12分 お台場 42分
等々力駅から
東京 38分 新橋 33分
品川 26分 有楽町 36分
新宿 30分 赤坂 32分
渋谷 18分 虎ノ門 33分
池袋 37分 六本木 25分
恵比寿 19分 お台場 46分
駒澤大学駅から
東京 29分 新橋 25分
品川 23分 有楽町 22分
新宿 21分 赤坂 18分
渋谷 7分 虎ノ門 22分
池袋 28分 六本木 18分
恵比寿 13分 お台場 47分
成城学園前駅から
東京 32分 新橋 34分
品川 36分 有楽町 34分
新宿 15分 赤坂 22分
渋谷 19分 虎ノ門 31分
池袋 27分 六本木 28分
恵比寿 26分 お台場 54分
経堂駅から
東京 30分 新橋 28分
品川 32分 有楽町 30分
新宿 11分 赤坂 17分
渋谷 12分 虎ノ門 26分
池袋 23分 六本木 22分
恵比寿 22分 お台場 50分
二子玉川駅から
東京 36分 新橋 31分
品川 25分 有楽町 34分
新宿 26分 赤坂 28分
渋谷 15分 虎ノ門 29分
池袋 30分 六本木 25分
恵比寿 18分 お台場 45分

田園都市線沿いの三軒茶屋や駒澤大学、二子玉川などの駅からは渋谷へ、また成城学園や経堂などの小田原線沿いの駅は新宿へ直通でアクセスできるため、利便性の高さは◎。ただし、新橋や有楽町、東京方面へは1時間弱ほどかかる駅もあるため、この周辺に通勤する場合は少し不便に感じる人もいるかもしれません。

世田谷区の住みやすさ

世田谷区の育児・子育て事情

家族の病気や事故・出産・介護などで、一時的に子どもの養育ができなくなった場合、世田谷区内の児童養護施設で最大7日間子どもを預けることができる制度が設けられています。世田谷区では、区内の各駅前に「子育てステーション」という多機能型の子育て支援拠点施設を5つ設置。地域を問わず、区民ならだれでも利用できます。

世田谷区の保育・幼稚園事情

世田谷区には保育施設・事業の一貫として区立・私立の認可保育園と認定こども園があ設置されています。仕事でお子さんを見られないときやお子さんが病気になってしまったときに利用できる、共働き世帯の心強い味方です。世田谷区内の区立・私立幼稚園・認定こども園は約50か所あります。

世田谷区の公園・広場事情

世田谷区は約70か所の公園や広場が存在し、緑豊かな地域として知られています。区外からの観光客が多い「世田谷公園」や家族世帯に人気の「都立祖師谷公園」、東京23区内で唯一の渓谷「等々力渓谷」などさまざまな自然スポットがあり、休日の遊びスポットに困ることがありません。

世田谷区の環境事情

平成28年度の時点で緑化率が約25%と自然にあふれた世田谷区。区制100周年を皮切りに「世田谷みどり33」という取り組みも行っています。また、区民が主体となった水辺の再生計画も盛ん。緑化率33%を達成するため、公園づくりや緑化活動が積極的に行われているのが魅力です。

世田谷区の防災事情

世田谷区では災害・避難情報のいち早い周知を目指して、大手携帯電話事業と連携をとって緊急速報メールの配信を行っています。また、災害情報テレホンサービスも無料で行っており、緊急時に速やかな処置ができるよう整備されているので安心です。

参照サイト