東京都内で家を持つ。マイホーム総研

東京都内でマイホームを持ちたい。でも、希望の土地・理想の間取りでは予算が間に合わない…。そんなあなたが必ず迷う戸建て・マンション・コーポラティブハウスの選択肢3つを比較!住まい選びのご参考に、どうぞ。

東京都内で家を持つ。マイホーム総研 » 東京都内の費用相場|注文住宅の予算ガイド » 大田区の費用相場|注文住宅の予算ガイド

大田区の費用相場|注文住宅の予算ガイド

沿岸部に位置する大田区は、東京23区の中で最も広い区。東と西で雰囲気が違うのが大田区の特徴で、西側には田園調布のような高級住宅街が立ち並び、東側には蒲田のような賑やかな町工場の街が広がっています。ここでは、大田区の注文住宅費用相場についてご紹介。駅別土地価格や住みやすさなどもまとめていますので要チェックです。

大田区の注文住宅費用相場

以下は大田区の土地単価例です。注文住宅を建てる場合は建物の本体価格や諸費用がプラスされますので、ご注意ください。

坪単価 20坪 35坪 50坪
214.9万円 4,298万円 7,521万円 1億745万円

本体価格や諸費用を3,000万円として見積もると、20坪で7,000万円程度の予算が必要に。ゆとりのある暮らしをしたい場合は35坪程度の広さが欲しいので、1億円程度の予算を見積もっておかなくてはいけません。

大田区と郊外の
注文住宅費用相場を比較

以下は各エリアの土地単価例です。注文住宅を建てる場合は建物の本体価格や諸費用がプラスされますので、ご注意ください。

20坪 35坪 50坪
大田区 4,298万円 7,521万円 1億745万円
八王子 1,020万円 1,785万円 2,550万円
大宮 3,808万円 6,665万円 9,521万円
浦和 2,615万円 4,576万円 6,537万円
海老名 1,104万円 1,932万円 2,760万円
船橋 1,227万円 2,148万円 3,069万円
1,018万円 1,782万円 2,546万円

大田区の土地相場は、郊外エリア(大宮を除く)と比べて2~4倍程度の価格差があります。なるべく費用はおさえて広さや間取りにこだわりたい方は、他のエリアも候補地に入れてみると理想の家づくりができるかもしれません。立地条件を譲りたくない方は、マンションやコーポラティブハウス(※)といった選択肢も念頭に置いてみてはいかがでしょうか。

東京都内で憧れの持ち家!
三家族のマイホーム物語を見る

※コーポラティブハウスとは?

入居希望者たちが自分たちで建築にあたっての、土地の取得や建設業者の手配などを企画する形の新しい住まいを指す言葉。リーズナブルに理想の住まいを手に入れられることから、注目を集めています。

8,000万円の予算で
大田区に家を持つ場合の
坪数(平米数)と間取り

都内でも平均費用相場が安い大田区。8,000万円の予算でどれくらいの家を持つことができるのでしょうか?注文住宅・マンション・コーポラティブハウスそれぞれの坪数・間取りをご紹介。住宅スタイルの参考にご覧ください。

※注文住宅は上物価格を3,000万円、土地代5,000万円で計算しています。

住宅の種類 注文住宅
注文住宅のイメージ
マンション
マンションのイメージ
コーポラティブ
ハウス

コーポラティブハウスのイメージ
坪数(平米数) 23.2坪(76.6m2) 28.0坪(92.5m2) -
間取り 2LDK~3LDK 3LDK~4LDK -
詳細ページへ 注文住宅
について詳しく
マンション
について詳しく
コーポラティブハウス
について詳しく
注文住宅
注文住宅のイメージ
坪数(平米数)
23.2坪(76.6m2)
間取り
2LDK~3LDK

注文住宅のメリット・デメリット
を詳しく見る

マンション
マンションのイメージ
坪数(平米数)
26.8坪(88.6m2)
間取り
3LDK~4LDK

マンションのメリット・デメリット
を詳しく見る

コーポラティブハウス
コーポラティブハウスのイメージ
坪数(平米数)
-
間取り
-

コーポラティブハウスの
メリット・デメリットを詳しく見る

※大田区には参考となるコーポラティブハウスの物件がまだ十分でないため、今後増えていき次第、掲載します。

大田区の平均地価は23区内でも比較的安い方ですが、田園調布といった高級住宅街もあるので、住みたい街によって価格が大きく異なることを念頭を置いておきましょう。建物価格や土地代を8,000万円の予算におさめて注文住宅を建てる場合、坪数は23坪程度。お子さんのいるご家庭には少々手狭になるかもしれません。家族みんなでゆったりと暮らせる家にするには、1億円程度の予算が必要に。あるいは郊外エリアを検討した方が良いかもしれません。ただし、マンションやコーポラティブハウスであれば、リーズナブルな価格で広い部屋に住めるので、お子さんのいるご家庭にもおすすめできます。

大田区の駅別土地価格

以下は各区の土地単価例です。注文住宅を建てる場合は建物の本体価格や諸費用がプラスされますので、ご注意ください。

駅名 坪単価 平米単価 駅名 坪単価 平米単価
蒲田 303万円 91万円 京急蒲田 289万円 87万円
羽田空港第1ビル - - 羽田空港国内線ターミナル - -
羽田空港第2ビル - - 羽田空港国際線ターミナル - -
羽田空港国際線ビル - - 大森 264万円 80万円
田園調布 210万円 63万円 大鳥居 147万円 44万円
流通センター 161万円 48万円 池上 175万円 52万円
西馬込 164万円 49万円 穴守稲荷 116万円 35万円
多摩川 198万円 60万円 下丸子 145万円 43万円
大森町 140万円 42万円 馬込 157万円 47万円
雪が谷大塚 192万円 58万円 雑色 130万円 39万円
梅屋敷 135万円 40万円 糀谷 164万円 49万円
洗足池 171万円 52万円 矢口渡 156万円 47万円
鵜の木 136万円 41万円 武蔵新田 148万円 44万円
六郷土手 - - 御嶽山 162万円 49万円
新整備場 - - 長原 172万円 52万円
久が原 173万円 52万円 天空橋 116万円 35万円
石川台 171万円 51万円 千鳥町 166万円 50万円
沼部 148万円 44万円 北千束 210万円 63万円
蓮沼 196万円 59万円 整備場 - -
平和島 142万円 43万円 昭和島 103万円 31万円

上の表から大田区内は蒲田駅エリアが最高値で、京急蒲田駅、大森駅がそれに続きます。最高値の蒲田駅はJR京浜東北線や東急多摩川線、池上線が乗り入れる駅でアクセスが便利なこと、京急蒲田駅もアクセスが良好であり再開発が完了したことなどが土地価格の高騰につながっているかもしれません。

大田区の通勤時間

蒲田駅から
東京 23分 新橋 18分
品川 10分 有楽町 21分
新宿 33分 赤坂 34分
渋谷 26分 虎ノ門 25分
池袋 40分 六本木 29分
恵比寿 23分 お台場 35分
田園調布駅から
東京 32分 新橋 32分
品川 26分 有楽町 33分
新宿 26分 赤坂 27分
渋谷 13分 虎ノ門 30分
池袋 31分 六本木 18分
恵比寿 12分 お台場 50分
久が原駅から
東京 35分 新橋 32分
品川 23分 有楽町 34分
新宿 38分 赤坂 47分
渋谷 31分 虎ノ門 39分
池袋 47分 六本木 39分
恵比寿 28分 お台場 51分
大岡山駅から
東京 29分 新橋 24分
品川 16分 有楽町 27分
新宿 24分 赤坂 26分
渋谷 17分 虎ノ門 25分
池袋 34分 六本木 24分
恵比寿 14分 お台場 38分
大森駅から
東京 19分 新橋 14分
品川 6分 有楽町 17分
新宿 29分 赤坂 30分
渋谷 22分 虎ノ門 21分
池袋 36分 六本木 25分
恵比寿 19分 お台場 31分
雑色駅から
東京 30分 新橋 27分
品川 16分 有楽町 30分
新宿 40分 赤坂 46分
渋谷 33分 虎ノ門 35分
池袋 48分 六本木 35分
恵比寿 30分 お台場 45分

「大森」駅や「大岡山」駅は通勤時間が比較的短い印象。反対に「久が原」駅は通勤時間が長くなってしまうようです。全体で見てみると、通勤時間の平均はおよそ28分という結果になりました。通勤時間はできるだけ短いほうが良いですが、都心にアクセスしやすいエリアほど土地代が高くなるもの。通勤時間と他に希望する条件とのバランスを考えながら、住宅を建てる土地を決めましょう。

大田区の住みやすさ

大田区の育児・子育て事情

大田区には、妊娠期から専門職の方が継続して支援を行う「出産・育児支援事業かるがも」があります。さらに、「大田区きずなメール」というサービスでは、お腹の赤ちゃんの成長の様子だけでなく産後の子どもへのアドバイスなど様々なお役立ち情報を配信。育児や子育てに関するサポートが充実している印象です。

大田区の保育・幼稚園事情

保育に関して見てみると、大田区は平成28年、平成29年に年収が一定を下回る世帯を対象として保育料負担軽減の拡大を行っています。また区立保育園では保護者が出産や病気などで、昼間子どもを見れる人がいない場合に「緊急一時保育」や「緊急保育室」の制度を利用することが可能です。

大田区の公園・広場事情

大田区には児童公園を含めて500以上もの公園があります。都内の池のある公園としては広い面積の洗足池公園をはじめ、公園ごとに特色は様々。城南島海浜公園といったバーベキューができる公園や自転車で遊べる公園などがあり、いろいろと楽しめます。

大田区の環境事情

「環境と生活・産業の好循環を礎とした持続可能で快適な都市」を理想像に、様々な取り組みを行う大田区。環境美化および区民の生活環境の向上を目指して「清潔で美しい大田区をつくる条例」を制定したり、ごみ拾いしながら自然環境の大切さを考えるグリーンアクションたまがわを開催したりしています。

大田区の防災事情

大田区では、警察署や消防隊、ライフライン団体などと連益する大田区総合防災訓練を実施。おおよそ年1回大規模に行われるこの訓練は、子どもから大人まで学べる内容が盛りだくさんです。また、年間を通じた防災用品の配布や、防災行政無線を聞き取れなかった時に役立つ防災行政無線電話応答サービスなども行っています。

参照サイト