東京都内で家を持つ。マイホーム総研

東京都内でマイホームを持ちたい。でも、希望の土地・理想の間取りでは予算が間に合わない…。そんなあなたが必ず迷う戸建て・マンション・コーポラティブハウスの選択肢3つを比較!住まい選びのご参考に、どうぞ。

東京都内で家を持つ。マイホーム総研 » 徹底比較!マンション、戸建てと、コーポラと » 戸建ての契約・入居までの流れ

戸建ての契約・入居までの流れ

子どもが大きくなってきたので注文住宅の購入を考えはじめたAさん家族。土地探しから施工まで、どのような流れで家づくりを進めていったのかまとめました。注文住宅を検討している人は参考にしてみてください。

Vol1.予算を立てる

家を建てよう!と決断したらまずは予算から決めるのが最適です。Aさんの場合、住宅ローンのことも考え予算を8,000万円に設定しました。理想のデザインの思案も施工会社探しも、予算が決まらなければムダ骨。自己資金としてどれだけお金を用意できるのか、無理なく返済するには借入額はどの程度にとどめておくべきか、を把握しましょう。

Vol2.理想のイメージを固める

予算が決まったら、住みたい家のイメージを固めていきました。Aさんが重視していたのは、天然の木材を使った「自然」を感じられる住まい。子どもが健康的にすくすく育つ家づくりを理想と考えました。理想を固めるときは、今の住まいの不満点を挙げてみるのも考えやすくなるポイントなのだとか。ネットの施工事例を見たり、モデルハウスや住宅展示場に足を運んだりしながら、イメージをより具体的にしていきました。

Vol3.土地を探す~契約まで~

次に土地探しを開始。希望していた世田谷区を中心に調べはじめます。しかし、ここで問題が発生。子どもと一緒に余裕を持って暮らせるだけの広さを確保するとなると、世田谷区では土地だけで予算いっぱいに…。狭小住宅も考えましたが、立地よりも子どもが住みやすい間取りを重視しようと別エリアを検討。結局、予算内でおさまり、周辺環境も充実している国分寺での家づくりを決めました。

Vol4.ハウスメーカー・工務店を探す
~見積もり・契約まで~

土地が決まったら家づくり成功のカギとなる、ハウスメーカー・工務店探しです。モデルハウス・住宅展示場や内覧会、カタログなどを見ながら好みのデザインを施工しているハウスメーカー・工務店をリストアップ。実際に見積もりをとって比較していきました。営業担当者の対応も見ながら、口コミでも評判が良かった信頼できる地元の工務店に依頼することに。この時点でどんな家を建てたいか具体的なイメージを伝えておくと、その後の家づくりがスムーズに進みます。

Vol5.ローンを申し込む

土地が決まったら、購入のためにローンを申し込みます。この時点ではまだ住宅ローンを申し込めないので(建物の費用ではないため)、土地購入のローンに利用される「つなぎ融資」に申し込むことに。ローンの返済額や期間は入居後の負担に関わる話なので、わからない点は工務店の方に相談するようにしましょう。

Vol6.プランニング・設計

家づくりにおいて最も楽しい、具体的な設計や建物のプランニング。建てる家のイメージを具体的に決定していく工程です。自然素材を使った家づくりをはじめ、Aさん家族の理想の家を一つひとつ形にしていきます。Aさんの依頼した工務店の方は親身に話を聞いてくれたため、納得いくまで話し合えたそうです。

Vol7.敷地・地盤を調査する

希望の土地が見つかり、施工を依頼する工務店が決まったら、イメージしている家が建てられるかどうかの敷地調査・地盤調査が行なわれます。土地の地質を調べてどのくらいの強度があるのかを調べる作業ですね。Aさんが購入した土地は調査結果に問題もなく、スムーズに次の工程へと進めました。地盤調査は基礎の設計前に実施するように建築基準法施工令で決められているため、家づくりには必須の工程です。強度が基準に満たない場合は、地盤改良が行なわれます。

Vol8.施工(着工→上棟→竣工)へ

土地の決済・引き渡しが完了したら、いよいよ施工へ。工事中の近隣トラブルを防ぐためにご近所への事前の挨拶は念入りに行なったとのこと。着工時には土地のお祓いをする「地鎮祭」、建物の骨組みができたら工事の無事を祈願する「上棟式」、引き渡し前には不具合をチェックする「竣工検査」が行なわれ、着々と家ができていきました。

Vol9.待ちに待った入居

やっと住宅が完成したので、施工会社から新居の鍵や保証書を受け取り、入居が可能になりました。待ちに待った新居ライフです。スムーズに新生活をはじめられるよう、電気・ガス・水道の開設や転出・転居の届けなど、必要な手続きを書き出して一つひとつ対応したAさん一家。平日しか対応していない公共機関も多いので、引越しの際はAさんのように計画的に進めていくとスムーズです。

Vol10.その後~住んでみて~

たくさんの工程を踏み、ようやくマイホームでの暮らしがはじまりました。当初予定していた世田谷区は予想以上に土地代が高くて叶いませんでしたが、エリアをずらしたことで子どもとのゆったりした暮らしが実現。当初から希望していた自然素材をふんだんに使った家に仕上がり、Aさん家族は大満足だそうです。