東京都内で家を持つ。マイホーム総研

東京都内でマイホームを持ちたい。でも、希望の土地・理想の間取りでは予算が間に合わない…。そんなあなたが必ず迷う戸建て・マンション・コーポラティブハウスの選択肢3つを比較!住まい選びのご参考に、どうぞ。

東京都内で家を持つ。マイホーム総研 » 徹底比較!マンション、戸建てと、コーポラと » マンション・戸建て・コーポラティブハウスの子育て環境比較

マンション・戸建て・コーポラティブハウスの子育て環境比較

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

子育てに適した住まいはどれか「広さ・間取り」「立地・アクセス」「コミュニティ」の3つのポイント別にマンション・戸建て・コーポラティブハウスを比較してみました。

子育てファミリーが気になるポイント別!
マンション・戸建て・コーポラティブハウス比較

広さ・間取り

広さ・間取り

戸建て

マンションに比べて面積が広く、家族でゆったりと過ごすことができます。注文住宅であれば間取りを自由に決められるため、将来の家族設計や子どもの成長を見据えた家づくりが可能です。一方で建築コストが高く、予算によっては広さや立地で妥協を求められることもあります。

マンション

マンションであっても専有面積が広い物件はあるものの、戸建て程の広さではないことがほとんどです。間取りも決められており、大規模なリフォームも自由にはできません。そのため、家族構成の変化や子どもの成長によって手狭になり、不便さを感じる可能性があります。

コーポラティブハウス

マンションと同じく広さの面で戸建てには及びませんが、間取りの自由度の高さは注文住宅レベルです。家族構成やライフスタイルに合った間取りにできるほか、拡張性もあることから家族や暮らしの変化に対応可能な柔軟性も持ち合わせています。

立地・アクセス

立地

戸建て

都内で戸建てを検討する場合、都心では予算が厳しくなる可能性があります。そのため、都心から少し離れた郊外エリアを選ぶ方が多く、自然のある閑静な住宅地は子育て環境としてもベター。一方で都心から離れている分、お出かけ先や習い事などの選択肢が狭まって不便さを感じることもあります。

マンション

都心部に立地するマンションが多く、通学や通勤などの利便性は抜群です。駅チカの物件であれば、駅周辺のスーパーや病院などの施設にすぐアクセスできる住環境も魅力。同じ条件の戸建てに比べて安い価格で購入できるメリットもあります。

コーポラティブハウス

都心部の中でも人気の高いエリアに立地する物件が多く、子育てに最適な住環境に配慮した土地選びを行っている会社もあります。同じく利便性の高い分譲マンションと違ってモデルルームの運営費や販売手数料などのコストがかからないため、家づくりに予算を割けるのも魅力です。

コミュニティ

コミュニティ

戸建て

子どもの立てる音に対して階下や隣近所に気を遣い過ぎずにすむため、やんちゃ盛りの小さなお子さんのいるご家庭に適しています。子育て世帯の多い住宅街であれば「お互いさま」と理解し合え、ご近所付き合いを通して地域の子育て関連の情報を教えてもらえることもあります。

マンション

幅広い世帯が住むマンションの場合、子どもの足音や泣き声などの騒音が原因でご近所トラブルに発展するケースがあります。一方で、最近では敷地内に専用の公園をはじめ、託児所やキッズルームなど子育て世帯に優しい共用設備が整った物件も増加しています。

コーポラティブハウス

住民同士が話し合って住まいを作っていくため、入居前からコミュニティを築くことができます。お互いの家族構成を把握したうえで入居しているので、子育てに対して理解を得やすいのが強み。困ったときにお互いを助け合えるほか、顔見知りの住民同士で子どもを見守れる環境が整っています。

15項目で比較!マンション・戸建て
・コーポラティブハウスの3択選び