東京都内で家を持つ。マイホーム総研

東京都内でマイホームを持ちたい。でも、希望の土地・理想の間取りでは予算が間に合わない…。そんなあなたが必ず迷う戸建て・マンション・コーポラティブハウスの選択肢3つを比較!住まい選びのご参考に、どうぞ。

東京都内で家を持つ。マイホーム総研 » 徹底比較!マンション、戸建てと、コーポラと » マンション購入の契約・入居までの流れ

マンション購入の契約・入居までの流れ

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

23区内で住まい探しを始めたBさん夫婦。憧れていた港区のタワーマンションを中心に物件探しをスタート。都会の夜空に溶け込む高層マンションの上層階で、東京の街を眺望できる生活を夢見ながら…。

Vol1.予算を立てる

とにもかくにも、予算が決まらなければ物件探しがはじまりません。世帯年収が約1,500万円のBさん夫婦が想定している予算は、頭金1,500万円を含む8,000万円ほど。ですが、港区のタワーマンションともなると、「新築×上層階」はほとんど億越え。そのため、「中古×上層階」→「新築×中層階」→「中古×中層階」と条件を落としていくことに。

Vol2.理想の物件を選ぶ

港区のタワーマンションだと、8,000万円の予算では「中古×中層階」が現実的。そこでBさん夫婦は「中古×中層階」の物件を中心に、アクセスや間取り、部屋の眺望などを見比べていきました。すると、最寄り駅徒歩6分×11畳の広々リビング×東京タワーが眺められる素敵な物件を発見!さっそく物件を取り扱っている不動産会社に連絡をしました。

Vol3.ローンを組む

不動産会社に連絡後、営業担当者の説明や物件の内覧を通して、この物件に決定。あらかじめ頭金を用意したうえで予算を決めていたBさん夫婦は、営業担当者に相談をしながら無理のない住宅ローンを組みました。住宅ローンの審査には5日ほどかかりました。

Vol4.契約・入居手続きを済ませる

資金計画が立てられたので、遂に購入の申し込みへ。申し込みから1週間後に「重要事項説明」を受け、売買契約を結びました。その際に、手付け金として770万円ほどが必要に。そのほかにも、諸費用の振り込み・不動産登記・保険登録などさまざまな手続きを済ませ、無事入居となりました。

Vol5.待ちに待った入居

建物が完成したので見物内覧会が開催されました。待ちに待った新居とのご対面。契約図面通りに仕上がっているか不具合がないかをチェックし、家具を用意するために備えの採寸も行ないました。その後、鍵を受け取って入居へ。同時に住宅ローンが実行されて、支払いがスタートしていきます。

Vol6.その後~住んでみて~

もともとは新築×上層階を夢見ていたため、叶わないとわかったときはショックの大きかったBさん夫婦。しかし、中古物件へと切り替えたことで予算内で満足のいく物件を見つけられました。立地にこだわったため最寄駅から直結で通勤がラクなところがお気に入りなのだとか。39F建てマンションの14Fと階数も少し妥協しましたが、港区の景観を見ながら2人の生活を楽しんでいるようです。