東京都内で家を持つ。マイホーム総研

東京都内でマイホームを持ちたい。でも、希望の土地・理想の間取りでは予算が間に合わない…。そんなあなたが必ず迷う戸建て・マンション・コーポラティブハウスの選択肢3つを比較!住まい選びのご参考に、どうぞ。

東京都内で家を持つ。マイホーム総研 » 東京都内の費用相場|マンション購入の予算ガイド » 新宿区の費用相場|マンション購入の予算ガイド

新宿区の費用相場|マンション購入の予算ガイド

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

世代や国籍問わず日々さまざまな人々が行き交う新宿区。新宿駅は1日の乗り降り乗客数が約364万人と、ギネスに認定されているほど多くの人が利用する駅です。ここでは新宿区のマンション購入相場を駅別に比較し、物件の事例や物件を選ぶ基準についてまとめています。

新宿区の
マンション購入費用相場

60平米 70平米 80平米
6,788万円 7,919万円 9,051万円

新宿区でのマンション購入の相場は、80平米でほぼ1億円。ただし、同じ新宿区内でも駅によっては相場が異なりますので、複数の駅を候補に価格帯や間取り、設備などの条件で見比べてみると、理想に近い物件が見つかるかもしれません。

新宿区のマンション物件例

新宿区にある60・70・80平米それぞれのマンション物件例を紹介します。お子さんがいる家庭は駅の近さだけでなく病院や公園、学校などが移動圏内にあるかどうかを知っておくと便利です。間取りや予算などの条件も併せて新宿区のマンション物件例を見ていきましょう。

60平米
新宿区のマンション(60平米)の間取り図
新宿区のマンション(60平米)の外観写真
新宿区のマンション(60平米)の内観写真
引用元:スーモ公式サイト(https://suumo.jp/ms/shinchiku/tokyo/sc_shinjuku/nc_67716133/)
費用例 6,550万円
物件の特徴 都営大江戸線「若松河田」駅より徒歩2分と好アクセス地にあるマンションです。閑静な住宅街の若松町に位置し、南側は隣の建物まで最大45mの空間を確保。都心とは思えないほどの開放感ある景色が望めます。
70平米
新宿区のマンション(70平米)の間取り図
新宿区のマンション(70平米)の外観写真
新宿70平米のマンション
引用元:スーモ公式サイト(https://suumo.jp/ms/shinchiku/tokyo/sc_shinjuku/nc_89225646/)
費用例 1億2,800万円
物件の特徴 最寄り駅まで徒歩1分と抜群の利便性を持つマンション。近隣には緑豊かな新宿御苑があり、自然と交通アクセスを兼ね備えた暮らしやすい環境を実現しています。
80平米
新宿区のマンション(80平米)の外観写真
新宿区のマンション(80平米)の外観写真
引用元:スーモ公式サイト(https://suumo.jp/ms/shinchiku/tokyo/sc_shinjuku/nc_89576670/)
費用例 1億8,600万円
物件の特徴 中央線・総武線・南北線・丸の内線の各駅にアクセスできる立地が特徴のマンションです。吹き抜けのある明るい空間で、ペットが飼える物件となっています。広々とした住まいを求める方にオススメです。

新宿区に関わらず、どのエリアでも駅に近い物件ほど高額になる傾向があります。その中でもJR路線が通る駅周辺は人気。物件によっては、小さな間取りでも大きな間取りと同額か、もっと高額で売り出されることがほとんどです。費用を抑えたいなら、JR以外の路線が通る駅の周辺や駅から徒歩10分以上の物件を考えてみると良いでしょう。

新宿区の完全自由設計マンション
「コーポラティブハウス」の物件例

コーポラティブハウスとは、住居所有を希望する人たちが集まって組合を作りつつ、全員が事業主となってデザイン・設計する住宅のことです。希望者全員でお金を出し合ってデザインを考えるため、マンションと比べてリーズナブルな価格で住宅を購入できます。ここでは新宿区におけるコーポラティブハウスの事例をまとめました。

60平米
新宿区のコーポラティブハウス(60平米)の外観写真
新宿区のコーポラティブハウス(60平米)の内観写真
新宿区のコーポラティブハウス(60平米)のキッチン写真
引用元:駒田建築設計事務所公式サイト(http://komada-archi.info/archives/1409)
費用例 -
物件の特徴 新宿区河田町にあるコーポラティブハウスです。隣家との隙間を細長く設計し、共用階段とバルコニーを設置しています。入居者がそれぞれの固有空間を持てるような工夫が凝らされているのが特徴です。
※平米数は延床面積/戸数で計算しています
70平米
-
費用例 -
物件の特徴 -
80平米
新宿区のコーポラティブハウス(80平米)の外観写真
新宿区のコーポラティブハウス(80平米)の内観写真
引用元:アーキテクトカフェ公式サイト(http://www.architect-cafe.com)
費用例 -
物件の特徴 全9戸からなる四谷のコーポラティブハウス。外壁を木製に仕立てたモダンな外観が印象的です。内装はコンクリートを主材として施工され、デザイン性を重視したおしゃれな空間が広がります。
※平米数は延床面積/戸数で計算しています

コーポラティブハウスは分譲マンションと異なり、販売価格に含まれる手数料・広告宣伝費がありません。そのため土地代や建設費などに費用を回すことができ、予算の範囲内でデザイン性や機能性の高い設計が可能です。マンションを購入する場合どうしても予算がオーバーしてしまう…という人は、コーポラティブハウスを選択することで予算内に収めつつマンションよりも住みやすい環境をつくれるかもしれませんよ。

コーポラティブハウスの
メリット・デメリットとは

新宿区の駅別マンション購入費用相場

駅名 坪単価 平米単価 駅名 坪単価 平米単価
新宿 388万円 117万円 飯田橋 440万円 133万円
高田馬場 384万円 116万円 新宿三丁目 423万円 128万円
新大久保 353万円 107万円 四ツ谷 617万円 187万円
西新宿 396万円 120万円 西武新宿 416万円 126万円
新宿御苑前 342万円 103万円 東新宿 376万円 114万円
四谷三丁目 391万円 118万円 神楽坂 390万円 118万円
信濃町 390万円 144万円 都庁前 0万円 0万円
早稲田 346万円 105万円 大久保 329万円 99万円
曙橋 329万円 113万円 新宿西口 329万円 117万円
西早稲田 389万円 118万円 西新宿五丁目 354万円 107万円
若松河田 390万円 118万円 牛込神楽坂 412万円 125万円
落合南長崎 296万円 89万円 中井 191万円 58万円
国立競技場 391万円 118万円 落合 311万円 94万円
牛込柳町 364万円 110万円 下落合 323万円 98万円
面影橋 261万円 79万円

新宿区の平均坪単価は374万円で、平米単価は113万円という結果になりました。最も単価が高いエリアは四ツ谷駅、最も低いエリアは中井駅となっています。四ツ谷駅は駅周辺に小学校~大学までの教育機関が揃っており、他主要駅にもアクセスしやすいことから家族世帯に人気だと考えられるでしょう。子どもがいる場合は、なるべく通いやすい距離に学校・病院などの施設があると便利ですよね。通勤・通学や交通アクセスに関しては大変便利なエリアなので、収入が比較的安定している場合は挑戦してみてもいいかもしれません。

新宿区の通勤時間

新宿駅から
東京 13分 新橋 17分
品川 18分 有楽町 19分
新宿 0分 赤坂 19分
渋谷 5分 虎ノ門 15分
池袋 5分 六本木 9分
恵比寿 7分 お台場 38分
神楽坂駅から
東京 15分 新橋 17分
品川 27分 有楽町 18分
新宿 15分 赤坂 23分
渋谷 22分 虎ノ門 20分
池袋 14分 六本木 25分
恵比寿 24分 お台場 39分
落合駅から
東京 25分 新橋 26分
品川 32分 有楽町 25分
新宿 13分 赤坂 29分
渋谷 20分 虎ノ門 28分
池袋 19分 六本木 26分

新宿区には17路線が集まる国内屈指の巨大ターミナル新宿駅があるため、交通の利便性については文句なしと言って良いでしょう。渋谷駅・池袋駅まで5分、お台場駅まで38分と、1時間以内に主要駅各所へ通勤ができるエリアです。働き盛りの世代にとって通勤にかかる時間は重要な判断基準。駅に近いマンションだと仕事帰りに駅で買い物してすぐ帰宅できるのでスムーズです。便利さを購入するという考えで検討してみてはいかがでしょう。

新宿区の資産価値

新宿区は商業・ビジネスの地域から閑静な住宅街エリアまで様々な顔を持つ区です。新宿駅を中心とした大規模なショッピングエリアだけでなく、新宿御苑や新宿中央公園といった自然地帯の特性を生かして、近年では「安心して子育てできるまち」の実現に向けた取り組みが行われてきました。新たな活動や利便性の向上により今後も人口の増加や地価上昇が期待されているエリアのため、さらなる資産価値の向上が期待できます。

参照元